キッズモデルに合格するコツを知ろう【オーディションを受ける流れ】

記事一覧

気軽に応募したいなら

女の子

意外とたくさんあります

自分の子供をキッズモデルにしたいからと、高い月謝を払ってレッスンを受け、手当たり次第にオーディションに参加している親御さんも少なくありません。ただ、現実にはキッズモデルのオーディションは、先に事務所に所属しておかないと、なかなか合格できないものです。おまけに事務所に入るだけでも大変なのに、有名ブランドのキッズモデルのオーディションともなると、応募者は数百から下手をすると数千人にもなるため、ますます狭き門になります。そこで我が子にはもっと気軽にやらせたいと考えているのであれば、地方のスーパーのチラシや、ノーブランドと呼ばれる商品のパッケージに使われる、キッズモデルを選ぶという方法もあります。これならオーディションの参加人数も少なく、さらに地元の子供を優先して採用するといった企業もあるため、かなり合格しやすいです。他にも何枚かの子供の写真を使って、時計やカレンダーといったものを作っている場合、一度に大勢のキッズモデルが必要です。そのためオーディションによっては、条件さえ満たせば応募した全員が合格するケースもあるので狙い目です。キッズモデルの中には、指定されているメーカーの商品を一定量購入したお客さんの中から選ぶというやり方をしているところもあるのです。もしもお気に入りの商品があるならまとめ買いをして、キッズモデルに立候補してみるのも良く、採用されれば一年間の契約を勝ち取れるかもしれません。

Copyright© 2018 キッズモデルに合格するコツを知ろう【オーディションを受ける流れ】 All Rights Reserved.