キッズモデルに合格するコツを知ろう【オーディションを受ける流れ】

記事一覧

しっかりと確認すべきこと

ガール

マナー違反に要注意

タレントのオーディションでまず注意しなければならないことは、競合です。競合とは、ある仕事の契約期間中に同じジャンルの別の仕事をしてしまうことです。競合が起こった場合、別のタレントに変えなければならないので、大変な迷惑をかけてしまうこととなります。ですのでオーディションを受ける際には自分の以前の仕事の契約をよく確認して、オーディションを受けても大丈夫かどうかを判断する必要があります。また、書類にも気をつけましょう。コピーではなく原本を使用すること、黒か青のペンで書くこと、自分で空欄の無いように書くこと、きちんとした写真を使用することが必要となります。また嘘を書くのはもちろん禁止です。次に服装です。メイクはあまりしない方が好ましく、服装もスタイルのわかりやすい服装がいいです。タレントとしての素質を図るためには、素の状態が伝わりやすいのが一番でしょう。そして、実際のオーディションでは、20〜30分前に会場に行くのが好ましいです。オーディション会場では、あまりおしゃべりなどせず、携帯の電源を必ず切りましょう。「どうぞ」と言われてから着席し、面接官の目を見て話をします。複数いる場合は全員の目を見るべきです。またグループ面接では、他のタレントの話もしっかり聞きましょう。ここまで、タレントのオーディションで注意するべきこと、マナーについてお話ししてきました。基本的には常識的な行動を取るのが一番です。ですが、服装や書類では自分をアピールする必要があるので、自分の個性を前面に出していきながら、真摯な態度を心がけてください。

Copyright© 2018 キッズモデルに合格するコツを知ろう【オーディションを受ける流れ】 All Rights Reserved.