キッズモデルに合格するコツを知ろう【オーディションを受ける流れ】

オーディション

合格する為の準備

タレントオーディションを申し込むには、企業や芸能事務所が主催しているイベントやオーディションに応募する事です。合格する為の前準備として、専用のプロフィール用紙を用意しましょう。この時、審査員が読みやすく見やすい様に心がける事で合格の可能性が上がります。

詳しく見る

記事一覧

女の子

気軽に応募したいなら

我が子にはもっと気軽な感じでキッズモデルのオーディションを受けさせたいなら、地方のスーパーのチラシやノーブランドの商品を狙ってみましょう。それ以外にも一定量の商品を購入したり、大勢採用されたりするオーディションなども合格しやすいです。

詳しく見る

レッドカーペット

芸能事務所に所属するわけ

芸能事務所のオーディションを受けておくと、研修生としてレッスンが受けられることに加えてタレントとしての仕事の幅が広がります。また仕事のマネジメントを受けられることや、タレントとして箔が付く物もあります。そんな理由から、芸能事務所のオーディションを受ける方は後を絶ちません。

詳しく見る

カメラ

モデルの選考について

キッズモデルのオーディションは一次選考である書類選考と、2次選考の面接の2段階に分けて行っている事務所がほとんどです。面接では履歴書に沿った内容を訊かれることが多く、キッズモデルの場合だと礼儀や面接時の態度を重視しています。

詳しく見る

ガール

しっかりと確認すべきこと

タレントのオーディションでは競合に注意しましょう。また、書類もタレントの個性を伝える手段ですので、注意が必要です。また服装では、ありのままの姿を見せることが大切になります。そして、オーディション時は、常識的かつ真摯な行動を心がけましょう。

詳しく見る

未来のスター

ライト

基本的な挨拶ができる

最近テレビなどで、キッズモデルの子がよく活躍しています。我が子をキッズモデルにしたいと思う親御さんも多いのではないでしょうか。キッズモデルの年齢は3歳〜12歳で、雑誌やテレビなど様々な仕事をするタレントを指します。キッズモデルになるには、オーディションを受けなければなりません。キッズモデルのオーディションを受ける流れとしては、申し込み→書類審査→面接審査→合否の判定となります。書類審査は、履歴書の自己PRや写真で判定していきます。書類審査に合格したら、次は面接審査です。きちんとポージングできる子供は重宝されますが、まずは実力よりきちんと挨拶できるかといった礼儀や常識の部分をチェックすることが多いようです。オーディションを受ける前から、しっかり挨拶やお礼が言えるように教えておくようにしましょう。キッズモデルオーディションを開催しているのは、有名な芸能事務所だけとは限りません。必ず所属しているキッズモデルがどのくらい活躍しているのか確認しておきましょう。大きい芸能事務所ならば、仕事もたくさん舞い込んでくるのでそれだけ活躍できるチャンスが広がります。なお、芸能事務所にはそれぞれ特色があり、モデルの仕事が多いところやCMやテレビでの出演が多いところなど、各事務所で変わってきます。どういったキッズモデルにしたいか考えた上でオーディションに応募するようにしましょう。また、オーディションに合格した後からすぐに活躍できるとは限らず、定期的にレッスンを受ける必要があります。レッスンの頻度や日程を確認し、無理なく参加できるかどうかもチェックしておきましょう。

Copyright© 2018 キッズモデルに合格するコツを知ろう【オーディションを受ける流れ】 All Rights Reserved.